【ディープインパクト産駒まとめ】最後の世代は12頭(国内6頭・海外6頭)が競走馬に/ラストクロップ一覧

  • 更新日:

多くのファン、関係者が悲しんだディープインパクトの死亡。無敗のクラシック三冠達成など自身の競走成績だけでなく、ディープブリランテキズナマカヒキワグネリアンロジャーバローズコントレイルシャフリヤールと7頭が日本ダービーを優勝するなど産駒も多くのビッグレースを制した。

死亡した2019年の種付け数は24頭、海外馬主(生産者)所有の預託牝馬や不受胎が多かったため、2020年国内で産まれ血統登録されたのは6頭、海外で産まれ競走馬としてデビューする予定なのは6頭。ここでは活躍が期待される12頭をまとめてみた。

2022年のチャンピオンズジュベナイルS(愛G2)を制したAuguste Rodin(写真提供:Racingfotos.com)
2022年のチャンピオンズジュベナイルS(愛G2)を制したAuguste Rodin(写真提供:Racingfotos.com)
netkeibaNo.1競馬アプリ 無料ダウンロード

ディープインパクトラストクロップ一覧

【セレクトセールまとめ】上場されたディープインパクトのラストクロップ

【命日は7/30】ディープインパクトの思い出を振り返る

netkeibaアプリ(無料)今すぐダウンロード

おすすめトピック

アクセスランキング

新着まとめ

もっと見る