競走馬の「毛色」を解説! 色の意味と種類を探る | 競馬用語ガイド

  • 更新日:

当記事では、サラブレッドの毛色の種類について記載する。

左からゴールドシップ、アーモンドアイ、ソダシ(撮影:下野雄規)
左からゴールドシップアーモンドアイソダシ(撮影:下野雄規)
  1. 鹿毛(かげ)
  2. 黒鹿毛(くろかげ)
  3. 青鹿毛(あおかげ)
  4. 青毛(あおげ)
  5. 芦毛(あしげ)
  6. 栗毛(くりげ)
    1. 尾花栗毛
  7. 栃栗毛(とちくりげ)
  8. 白毛(しろげ)
  9. その他の毛色
    1. 月毛(つきげ)
    2. 粕毛(かすげ)
    3. 駁毛(ぶちげ)

 サラブレッドの毛色は、公益財団法人ジャパン・スタッドブック・インターナショナルによって8種に分類されている。それぞれ鹿毛、黒鹿毛、青鹿毛、青毛、芦毛、栗毛、栃栗毛、白毛。当記事ではこれらに加え、珍しい毛色についても取り扱う。

 競走馬の毛色は父母からの遺伝によって決定されるため、各毛色の項目に代表的な活躍馬およびその父母名を付記する。

鹿毛(かげ)

アーモンドアイ(撮影:下野雄規)
アーモンドアイ(撮影:下野雄規)

 サラブレッドにおいて最もポピュラーな毛色。明るい赤褐色から暗い赤褐色まで存在するが、長毛と四肢の下部は黒色となっている。

黒鹿毛(くろかげ)

ブエナビスタ(撮影:下野雄規)
ブエナビスタ(撮影:下野雄規)

 黒味がかった赤褐色の毛色。眼の周辺や脇、腱、下腹部および内股は褐色で、長毛と四肢の下部は全体的な被毛の濃淡にかかわらず黒色となっている。

青鹿毛(あおかげ)

コントレイル(撮影:下野雄規)
コントレイル(撮影:下野雄規)

 全身のほとんどが黒色で、眼や鼻の周辺、腋、腱などがわずかに褐色となっている。

青毛(あおげ)

ヴェラアズール(撮影:下野雄規)
ヴェラアズール(撮影:下野雄規)

 被毛、長毛ともに黒色であり、軽種馬には比較的少ない。黒鹿毛や青鹿毛と区別するため、鼻の周辺の毛色を観察して判断される。

芦毛(あしげ)

ゴールドシップ(撮影:下野雄規)
ゴールドシップ(撮影:下野雄規)

 原毛色(栗毛、鹿毛、青毛)に白色毛が混在し、全体的に灰色、白色に見える毛色。年齢が進むにつれて白色の度合いが強くなるが、進度は個体によって異なる。

栗毛(くりげ)

オルフェーヴル(c)netkeiba
オルフェーヴル(c)netkeiba

 全体的に黄褐色で、長毛は体表の毛色よりも濃いものから淡く白色に近い個体まで存在する。

尾花栗毛(おばなくりげ)

栗毛の中でも、まえがみ、たてがみ、尾が白い競走馬の毛色。オルフェーヴルトーホウジャッカルゴールドシチーウインフルブルームトウショウファルコなどが該当する。

栃栗毛(とちくりげ)

ノンコノユメ(撮影:高橋正和)
ノンコノユメ(撮影:高橋正和)

 体表は黒味がかった黄褐色から黒味の濃いものまで存在するが、完全な黒色にはならない。

白毛(しろげ)

ソダシ(撮影:下野雄規)
ソダシ(撮影:下野雄規)

 全身のほとんどが白色で、一部がピンク色の個体が存在する。芦毛とは異なり、誕生時からすでに体表が白色である。

その他の毛色

 この項目では、上述した8種類の毛色とは別に区別される珍しい毛色について紹介する。なお、紹介した種類以外にも馬の毛色は多数存在する。

月毛(つきげ)

 栗毛よりも明るいクリーム色。原毛色は栗毛または栃栗毛で、登録上は栗毛に分類される。

 サラブレッドの始祖の一頭とされ、産駒のSpankerを通じてサラブレッドの血統に多大な影響を与えたダーシーズイエローターク(D'Arcy's Yellow Turk)が月毛だったとされる。

粕毛(かすげ)

 原毛色に白毛が混じることで体表が灰色のように見える。芦毛と混同されやすいものの別種類に区分される。芦毛とは異なり、加齢とともに体表が白くなることはない。

 近年の活躍馬では、2019年に無傷5連勝で英セントレジャー(G1)を制したイギリスの競走馬ロジシャン(Logician)が挙げられる。ロジシャンを生産したジュドモントファームが同馬の毛色を「粕毛」としており、これに追従するかたちでレーシング・ポストやJRA-VANなどでも粕毛と表記されている。一方で同馬を芦毛としている例も存在する。

駁毛(ぶちげ)

 体表に大きな白斑が存在する毛色を指す。原毛色により「駁栗毛」「鹿駁毛」「青駁毛」と種別されるが、白斑部分の面積が原毛色よりも多い場合は「駁鹿毛」「駁青毛」と呼ばれる。

 netkeibaのデータベース上では、1875年産の英国産馬Caressが「駁青毛」として登録されている。同馬の牝系からはリアルインパクトアイルラヴァゲインネオリアリズムインディチャンプアウィルアウェイなどの活躍馬が出ている。

関連情報

おすすめトピック

アクセスランキング

新着まとめ

もっと見る