【競馬データ】海外で勝利を挙げた中央競馬所属馬まとめ

  • 更新日:

ここまで数多くのホースマンが地位と名誉をかけて海外のレースへと挑戦した。初勝利は1958年ワシントンバースデーハンデを制したハクチカラ、2勝目は1967年のフジノオー。その後もシンボリルドルフスピードシンボリタケシバオーなどの強豪馬が挑むも勝てない時期が長く続き、3勝目のフジヤマケンザンまで28年の時間を要した。90年代後半からシーキングザパールタイキシャトルエルコンドルパサーアグネスワールドステイゴールドなど多くの馬が結果を残していった。ここでは海外で勝利を挙げた中央競馬所属馬をすべて挙げてみた。
※印のついている2レースは参考として掲載しておりますが、両馬とも海外へ移籍後の勝利となります。

日本馬として初めてBCを制したラヴズオンリーユー(C)netkeiba.com
日本馬として初めてBCを制したラヴズオンリーユー(C)netkeiba.com
  1. 海外で勝利を挙げた中央競馬所属馬
  2. 最新情報など新着まとめ一覧

海外で勝利を挙げた中央競馬所属馬

「netkeiba.com」新着まとめ一覧

 競馬の最新ニュース、競馬予想、今週のレースの情報、競走馬・騎手のデビューからの軌跡、G1歴代優勝馬、JRA賞などの歴代受賞一覧など、あらゆる競馬情報をNo.1競馬サイト「netkeiba.com」が競馬情報をまとめてお届けする「競馬まとめ」の新着更新一覧。