社台SS供用種牡馬の2023年の種付料一覧 前年に続きエピファネイアがトップ、キタサンブラックは昨年の倍に

  • 更新日:

2022年11月21日、社台スタリオンステーションが2023年度の供用種牡馬と種付料を公式ホームページで発表した。

現役時のエピファネイア(左)、キタサンブラック(右)(撮影:下野雄規)
現役時のエピファネイア(左)、キタサンブラック(右)(撮影:下野雄規)

種付料のトップは前年度と同じく1800万円でエピファネイア。続いてロードカナロアキズナコントレイルの3頭が種付料1200万円で並んだ。また、初年度産駒のイクイノックスが天皇賞(秋)と有馬記念を制するなど活躍を見せた種牡馬キタサンブラックは、昨年の500万円から倍の価格の1000万円となっている。

供用種牡馬・2023年の種付料一覧

社台SSの供用種牡馬

関連情報

おすすめトピック

アクセスランキング

新着まとめ

もっと見る