【世界最強芝馬】フランケル(Frankel)の軌跡 レース映像・代表産駒など 14戦無敗の怪物 / 名馬列伝

  • 更新日:

 当記事では、2010年から2012年にかけてイギリスで快進撃を続け、生涯成績14戦14勝・欧州年度代表馬2年連続受賞・世界サラブレッドランキング歴代1位のレーティングを獲得した「世界最強馬」フランケル(Frankel)の概要や競走成績を記載している。

2012年サセックスステークス出走時のフランケル(ユーザー投稿:メテオールさん)
2012年サセックスステークス出走時のフランケル(ユーザー投稿:メテオールさん)
  1. フランケルとは
  2. 2歳時
    1. 【映像】デューハーストステークス
  3. 3歳時
    1. 【映像】英2000ギニー
    2. 【映像】セントジェームズパレスステークス
    3. 【映像】サセックスステークス
    4. 【映像】クイーンエリザベス2世ステークス
  4. 4歳時
    1. 【映像】ロッキンジステークス
    2. 【映像】クイーンアンステークス
    3. 【映像】サセックスステークス
    4. 【映像】英インターナショナルステークス
    5. 【映像】英チャンピオンステークス
  5. 生涯成績(14戦14勝)
  6. 引退後
    1. 代表産駒と主な成績(2023年6月現在)
  7. フランケルの関連情報
netkeibaNo.1競馬アプリ 無料ダウンロード

フランケルとは

 フランケルとはイギリスの競走馬・現種牡馬である。生涯成績14戦14勝という無敗の快進撃を続け、G1レースを10勝。2012年のクイーンアンステークス(G1)で見せた11馬身差の圧勝劇はロンジン・ワールド・サラブレッド・ランキングおよびタイムフォーム社のレーディングにおいて史上最高の評価を受けている。

 デビュー当初から非凡な競走能力を見せ、2011年・2012年の欧州年度代表馬を受賞。2010年の欧州最優秀2歳牡馬、2011年の欧州最優秀3歳牡馬、2012年の欧州最優秀古馬に選定された。また、ロンジン・ワールド・ベスト・レースホース・ランキングにおいてレーティング140ポンドを獲得。史上最高の評価を得ている。

 父ガリレオ母Kind、母の父デインヒルという血統。名門ジュドモントファームの生産馬であり、ヘンリー・セシル調教師の管理馬。デビューからラストランまで一貫してトム・クウィリー騎手が手綱を執った。また「フランケル」という馬名の由来は、2009年に他界したアメリカの名調教師ロバート・フランケル氏に由来する。

 種牡馬としても成功し、クラックスマンアルピニスタなど名馬を輩出。産駒は日本でも活躍しており、ソウルスターリングモズアスコットグレナディアガーズがG1を制している(2023年6月現在)。

2歳時(2010年)

 2010年8月13日にニューマーケット競馬場で行われた未勝利戦でデビュー。同レースには後にキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスエクリプスステークスなどを制する名馬ナサニエルが出走していたが、フランケルはナサニエルを半馬身差抑えて白星を飾った。

 その後、条件戦を13馬身差、続くロイヤルロッジステークスを10馬身差で圧勝し、2歳G1・デューハーストステークスに出走。レースではスタート直後に不利を受けて後方からの競馬を余儀なくされるも、残り200m地点で抜け出し完勝。G1初制覇を飾った。

 2歳シーズンを4戦全勝で終え、加えてデューハーストステークスで2着となったロデリックオコナーがフランスのG1競走クリテリウム・アンテルナシオナルを勝利したこと相対的に評価を高めたことで、フランケルは2010年の欧州最優秀2歳牡馬となった。

【映像】デューハーストステークス

※YouTube『Juddmonte』より引用

3歳時(2011年)

 4月16日のグリーナムステークスで始動戦を迎えたフランケルは、後にマイルG1を3勝する快速馬エクセレブレーションを相手に4馬身差で快勝。その後、イギリスのクラシック競走である英2000ギニーに駒を進めて6馬身差で完勝し、続くセントジェームズパレスステークスではゾファニーとの接戦となったが、ここも強豪馬を相手に勝利した。

 続くサセックスステークスでは当時マイルG1・5連勝を挙げていたキャンフォードクリフスとの一騎打ちの様相を呈していたが、レース本番では楽な手応えで後続を突き放し、キャンフォードクリフスに5馬身差をつける圧勝。これによりフランケルは一躍「最強マイラー」と評価される。その後、10月のクイーンエリザベスステークスではエクセレブレーションとの再戦となったが、4馬身差をつけて一蹴。G1・4連勝を飾った。

 3歳シーズンを5戦5勝(うちG1を4連勝)で終え、同年の欧州年度代表馬・欧州最優秀3歳牡馬を受賞した。

【映像】英2000ギニー

※YouTube『Juddmonte』より引用

【映像】セントジェームズパレスステークス

※YouTube『Juddmonte』より引用

【映像】サセックスステークス

※YouTube『Juddmonte』より引用

【映像】クイーンエリザベス2世ステークス

※YouTube『Juddmonte』より引用

4歳時(2012年)

 フランケルは古馬始動戦としてロッキンジステークスを目標に調整されていたが、4月中旬の調教後、右前脚に故障を発生。一部メディアがこれを受けてフランケルの引退報道を出し、関係者などが引退の可能性を否定するという誤報騒動に発展した。

 その後、ロッキンジステークスを5馬身差、クイーンアンステークスを11馬身差で圧勝。いずれも2着馬はエクセレブレーションだった。なかでもクイーンアンステークスの圧勝劇は、フランケルのレーティングを歴代最高評価に押し上げる大きな要因となっている。

 続いてサセックスステークスに出走したフランケルは、後にG1を2勝するファーを退けて同競走連覇を達成。その後、中距離路線に舵を切り、英インターナショナルステークスへ駒を進めた。ここでもファーを相手に7馬身差をつけて圧勝。続く英チャンピオンステークスを制し、これをラストランとして現役を退いた。

 なお、ラストランは当時明確にされていなかったものの、英チャンピオンステークス優勝後にジュドモントファームのハーリド・ビン・アブドゥッラー氏がフランケルの引退を表明した。また、フランケルを管理したヘンリー・セシル調教師は、フランケル引退の翌年6月にこの世を去った。

 4歳シーズンは5戦5勝、G1・5連勝。2年連続で欧州年度代表馬に輝き、欧州最優秀古馬を受賞した。

【映像】ロッキンジステークス

※YouTube『Juddmonte』より引用

【映像】クイーンアンステークス

※YouTube『Juddmonte』より引用

【映像】サセックスステークス

※YouTube『Juddmonte』より引用

【映像】英インターナショナルステークス

※YouTube『Juddmonte』より引用

【映像】英チャンピオンステークス

※YouTube『Juddmonte』より引用

生涯成績(14戦14勝)

引退後

 現役引退後、2013年からイギリスのバンステッドマナースタッドで種牡馬入りした。初年度の種付け料は12万5000ポンド。フランケルを所有するジュドモンドファームの方針によって種付け頭数は絞られ、初年度は130頭に設定された。

 その後、初年度産駒のソウルスターリングが日本で阪神ジュベナイルフィリーズオークスを制覇。クラックスマンが英チャンピオンステークスを連覇するなど活躍した。次項で主な代表産駒と代表勝ち鞍を記載する。

代表産駒と主な成績(2023年6月現在)

フランケルの関連情報

おすすめトピック

アクセスランキング

新着まとめ

もっと見る