【天皇賞(秋)2023】レース結果・枠順・日程・レース概要・最新ニュースまとめ ドウデュース・イクイノックス・ジャックドールなどスター揃い踏み

  • 更新日:

当記事では、2023年10月29日(日)に東京競馬場で施行された天皇賞(秋)(G1)の概要や最新情報についてまとめています。

2022年天皇賞(秋)の様子(撮影:下野雄規)
2022年天皇賞(秋)の様子(撮影:下野雄規)
netkeibaNo.1競馬アプリ 無料ダウンロード
  1. レース結果
  2. 天皇賞(秋)2023枠順
  3. 出走予定馬の情報
  4. レース概要
    1. トライアル競走
    2. コースの特徴
  5. 関連まとめ
  6. 関連ニュース・特集など

レース結果

天皇賞(秋)2023枠順

出走予定馬の情報

 2022年の日本ダービードウデュースが参戦を表明し、次いで2022年日本ダービー2着後に天皇賞(秋)有馬記念を連勝し年度代表馬に輝いたイクイノックスが参戦を表明。また札幌記念を制したプログノーシス、春の中距離王ジャックドール天皇賞(春)からの同一年制覇がかかるジャスティンパレスなど、豪華メンバーが名を連ねている。

 なお、スターズオンアースは当レースを回避することとなった。

レース概要

 天皇賞(秋)JRAが施行する競馬の競走である。3歳以上のサラブレッドが出走可能な国際G1。通称『秋天(あきてん)』。ジャパンカップ有馬記念とともに秋古馬三冠競走に位置付けられており、同一年に3レースをすべて優勝した競走馬には褒賞金が贈られる。

 天皇賞は年に二度おこなわれており、かつては天皇賞(春)と同様に芝3200mで開催されていたが、1984年からは距離が短縮され、現行どおり芝2000mでおこなわれている。

トライアル競走

 同年におこなわれるオールカマー(G2)、毎日王冠(G2)、京都大賞典(G2)の1着馬に優先出走権が与えられる。

コースの特徴

 1コーナー奥のポケットがスタート地点で、コーナーは3つ。最初の2コーナーまでの距離は約130m。直線は525.9mで、新潟外回りに次ぐ日本で2番目の長さ。3コーナー手前に高低差1.5m、最後の直線途中に高低差2.1mの上り坂が設けられている。3~4コーナーは緩やかなカーブ。

関連まとめ

netkeibaアプリ(無料)今すぐダウンロード

関連ニュース・特集など

おすすめトピック

アクセスランキング

新着まとめ

もっと見る