【マイルCS 結果情報】大外から一気に前を飲み込み混戦制した新マイル王はセリフォス! ソダシは3着

  • 更新日:

第39回 マイルチャンピオンシップ(2022年11月20日 G1 阪神 芝1600m)はファルコニアが先手を取り引っ張る展開の中、後方で脚を溜めていったD.レーン騎手騎乗の6番人気セリフォス(牡3、栗東・中内田充正厩舎)が、直線で大外から一気に各馬を交わし、間を割って伸びた8番人気ダノンザキッド(牡4、栗東・安田隆行厩舎)に1.1/4馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分32秒5(良)。

セリフォスは重賞4勝目、GIは初制覇。馬名の由来はエーゲ海にある島名。母名より連想。D.レーン騎手は今年の重賞2勝目、中内田充正厩舎は通算29勝目の重賞制覇、古馬のGI制覇は初めてとなった第39回マイルチャンピオンシップのレース結果・ニュース・レース後コメント・映像など結果情報をお届けします

netkeibaNo.1競馬アプリ 無料ダウンロード

マイルチャンピオンシップ結果情報

netkeibaアプリ(無料)今すぐダウンロード

「マイルチャンピオンシップ」特集

 マイルチャンピオンシップ競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・注目馬・見どころ・調教・映像などがご覧いただけます。

おすすめトピック

アクセスランキング

新着まとめ

もっと見る