【宝塚記念データ】タイトルホルダーがディープインパクト以来の偉業達成!/競馬予想データ

  • 更新日:

第63回宝塚記念(2022年6月26日 G1 阪神 芝2200m)。今年の天皇賞・春では2着に7馬身差を付ける圧勝劇を演じたタイトルホルダー。人気上位必至のタイトルホルダーだが、気になるデータがある。

1985年以降、前走が天皇賞・春1着馬は18頭が20回出走(1985年シンボリルドルフは取消、テイエムオペラオーキタサンブラックは2度出走)、[6-4-1-9]と勝率は30%、連対率は50%と成績は良く見えるが、2006年にディープインパクトの優勝後は勝ち馬が出ていない、というデータがある。キタサンブラックは3着まで、ゴールドシップ天皇賞・春を優勝した年に勝つことは出来なかった。

過去10年では4コーナーを先頭で回った馬が5頭馬券圏内に好走している。タイトルホルダー自身の形で走れば4コーナーは先頭で回ってくるはず…。16年振りに天皇賞・春宝塚記念を連勝する馬が登場するかどうかにも注目したい。

天皇賞・春を逃げ切った横山和生騎手鞍上のタイトルホルダー (c)netkeiba.com
天皇賞・春を逃げ切った横山和生騎手鞍上のタイトルホルダー (c)netkeiba.com
netkeibaNo.1競馬アプリ 無料ダウンロード
  1. 前走天皇賞・春1着馬の宝塚記念成績一覧
  2. 「宝塚記念」のニュース・最新情報

前走天皇賞・春1着馬の宝塚記念成績一覧

「宝塚記念」のニュース・最新情報

「宝塚記念」特集

 宝塚記念競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・注目馬・見どころ・調教・映像などがご覧いただけます。

netkeibaアプリ(無料)今すぐダウンロード