【天皇賞・春2022結果情報】“横山家三代制覇”タイトルホルダーが見事な圧逃劇でGI・2勝目

  • 更新日:

1日、阪神競馬場で行われた天皇賞・春(4歳上・GI・芝3200m)は、先手を取った横山和生騎手騎乗の2番人気タイトルホルダー(牡4、美浦・栗田徹厩舎)が、後続を寄せ付けずにゴールまで逃げ切り、2着の1番人気ディープボンド(牡5、栗東・大久保龍志厩舎)に7馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは3分16秒2(稍重)。

タイトルホルダーはこれがGI・2勝目、横山和生騎手はこれがGI初勝利、祖父・横山富雄騎手、父・横山典弘騎手に続き横山家はこの勝利で天皇賞・春を三代制覇。第165回天皇賞・春のレース結果・ニュース・レース後コメント・映像など結果情報をお届けします

netkeibaNo.1競馬アプリ 無料ダウンロード

天皇賞・春結果情報

netkeibaアプリ(無料)今すぐダウンロード

「天皇賞・春」特集

 天皇賞・春競馬予想・結果・速報・日程・オッズ・出馬表・注目馬・見どころ・調教・映像などがご覧いただけます。