netkeiba.com

変則二冠馬・キングカメハメハの軌跡 04年NHKマイルC、日本ダービー制覇

  • 更新日:

 キングカメハメハは父Kingmambo、母マンファス、その父ラストタイクーンという血統。

 2003年11月のデビュー戦を飾ると、続くエリカ賞(2歳500万下)も快勝。京成杯(G3)こそ3着に敗れたものの、すみれステークス、毎日杯(G3)と連勝し、NHKマイルC(G1)では2着コスモサンビームに5馬身差をつけ1分32秒5のレースレコードで圧勝、初G1制覇を飾った。史上初の変則二冠を目指した日本ダービーでは、勝ち時計2分23秒3、従来のダービーレコードを2秒も更新する驚異的なタイムで優勝し、史上初の、NHKマイルC、日本ダービー制覇の変則二冠を達成した。秋初戦の神戸新聞杯(G2)も快勝し、天皇賞・秋の最有力候補に挙がっていた矢先、右前浅屈腱炎を発症、引退となった。通算成績8戦7勝(うちG1・2勝)。

 2005年から社台スタリオンステーションで種牡馬入り。以降、ロードカナロア、ドゥラメンテ、アパパネ、レイデオロなど、数多の活躍馬を輩出。2019年8月9日、北海道安平町の社台スタリオンステーションで死亡した。18歳だった。

ラストランとなった神戸新聞杯 キングカメハメハ

ラストランとなった神戸新聞杯 キングカメハメハ

キングカメハメハ データメニュー

キングカメハメハの軌跡

2歳新馬 デビュー戦(2003.11.16)

エリカ賞(2003.12.13)

京成杯(2004.01.18)

すみれステークス(2004.02.29)

毎日杯(2004.03.27)

NHKマイルカップ(2004.05.09)

日本ダービー(2004.05.30)

神戸新聞杯(2004.09.26)

右前浅屈腱炎で引退、種牡馬入り(2004.10.22)

種牡馬時代

種牡馬引退

名馬キングカメハメハ死亡(2019.08.09)

プロフィール

キングカメハメハ

Kingmambo
マンファス
母父ラストタイクーン
馬主金子真人
調教師栗東 松田国英
生産者ノーザンファーム
生年月日2001年03月20日
産地早来町
主な勝ち鞍04'NHKマイルカップ(G1)
04'日本ダービー(G1)
受賞歴JRA賞最優秀3歳牡馬(2004年)
JRA総合リーディングサイアー(2010年、2011年)

アンケート募集中!

おすすめトピック

トピックス

注目

G1まとめ