netkeiba.com

フィエールマンの軌跡 平成最後の春の天皇賞馬

  • 更新日:

「平成最後のG1」2019年4月28日の天皇賞・春を制したフィエールマン。父ディープインパクト、母リュヌドールはフランスで芝長距離G2を2勝し、イタリアでリディアテシオ賞(G1、芝2000m)を勝った優良血統。2018年1月28日にデビュー。2018年10月21日の菊花賞をキャリア4戦目の歴代最少記録で制覇。2019年4月28日「平成最後のG1」天皇賞(春)を史上最少記録6戦目で制覇した。凱旋門賞参戦が決定!鞍上ルメールで前哨戦として札幌記念を予定。

天皇賞(春)を制したフィエールマン

天皇賞(春)を制したフィエールマン

フィエールマン データメニュー

フィエールマンの軌跡

デビュー戦(2018.1.28)

山藤賞(2018.4.14)

ラジオNIKKEI賞(2018.7.1)

菊花賞(2018.10.21)

AJCC(2019.1.20)

天皇賞・春(2019.4.28)

凱旋門賞(2019.10.6)

新着情報

プロフィール

フィエールマン

ディープインパクト
リュヌドール
母父Green Tune
馬主サンデーレーシング
調教師美浦 手塚貴久
生産者ノーザンファーム
馬名の意味気高く、勇ましく(音楽用語)
生年月日2015年1月20日
産地安平町
主な勝ち鞍18'菊花賞(G1)
19'天皇賞・春(G1)
受賞歴-

競馬ニュース速報