netkeiba.com

【ラッキーライラックの軌跡】エリザベス女王杯復活V!2年ぶり2度目のG1制覇

  • 更新日:

ラッキーライラックは、父オルフェーヴル、母ライラックスアンドレース、その父Flower Alleyという血統。馬名の意味は、五弁のライラックの花(幸運のシンボル)。2017年8月20日にデビュー。2017年の阪神JFでG1初制覇。2018年3月のチューリップ賞以降、勝ち星から遠ざかっていたが、2019年エリザベス女王杯で完全復活を果たし、2つ目のG1タイトルを獲得した。

エリザベス女王杯を制覇したラッキーライラック

エリザベス女王杯を制覇したラッキーライラック

ラッキーライラック データメニュー

ラッキーライラックの軌跡

ゲート試験(2017/07/26)

2歳新馬 デビュー戦(2018/09/02)

アルテミスS(2017/10/28)

阪神ジュベナイルF G1初制覇(2017/12/10)

JRA賞最優秀2歳牝馬

チューリップ賞(2018/03/03)

桜花賞(2018/04/08)

優駿牝馬(オークス)(2018/05/20)

秋華賞(2018/10/14)

中山記念(2019/02/24)

阪神牝馬S(2019/04/06)

ヴィクトリアマイル(2019/05/12)

府中牝馬S(2019/10/14)

エリザベス女王杯 2度目のG1制覇(2019/11/10)

プロフィール

ラッキーライラック

オルフェーヴル
ライラックスアンドレース
母父Flower Alley
馬主サンデーレーシング
調教師栗東 松永幹夫
生産者ノーザンファーム
馬名の意味五弁のライラックの花(幸運のシンボル)
生年月日2015年04月03日
産地安平町
主な勝ち鞍17'阪神ジュベナイルF(G1)
19'エリザベス女王杯(G1)
受賞歴JRA最優秀2歳牝馬(2017年)

アンケート募集中!

おすすめトピック

トピックス

注目

G1まとめ