netkeiba.com

アーモンドアイの軌跡 安田記念は悲運3着!牝馬三冠、ジャパンC、ドバイターフ制覇

  • 更新日:

アーモンドアイは、史上5頭目の牝馬三冠馬である。主な勝鞍は2018年の桜花賞、オークス、秋華賞、ジャパンカップ、2019年のドバイターフ。ジャパンカップでは芝2400mの世界レコードとなる「2分20秒6」という驚異的なタイムで優勝。2018年度JRA賞年度代表馬を受賞。2019年3月30日にアラブ首長国連邦で行われたドバイターフを勝利し衝撃の世界デビューを果たした。安田記念はスタート直後の不利で3着。

ドバイターフを制したアーモンドアイ

ドバイターフを制したアーモンドアイ

アーモンドアイ データメニュー

アーモンドアイの軌跡

デビュー前

デビュー戦(2017.08.06)

初勝利(2017.10.08)

シンザン記念(2018.01.08)

桜花賞(2018.04.08)

オークス(2018.05.20)

のんびり夏休み(2018.07.23)

秋華賞(2018.10.14)

ジャパンカップ(2018.11.25)

JRA賞年度代表馬(2019.01.08)

ドバイターフ(2019.03.30)

安田記念(2019.06.02)

新着情報

プロフィール

アーモンドアイ

ロードカナロア
フサイチパンドラ
母父サンデーサイレンス
馬主シルクレーシング
調教師美浦 国枝栄
生産者ノーザンファーム
馬名の意味美人とされる顔の目の形
生年月日2015年3月10日
産地安平町
セリ取引価格-
主な勝ち鞍18'桜花賞(G1)
18'オークス(G1)
18'秋華賞(G1)
18'ジャパンC(G1)
19'ドバイターフ(G1)
受賞歴 JRA年度代表馬(2018年)
JRA最優秀3歳牝馬(2018年)

競馬ニュース速報