netkeiba.com

アーモンドアイの軌跡 日本馬史上初の芝G1・9勝!引退式は12月19日中山で開催

  • 更新日:

アーモンドアイは、日本馬史上初の芝G1・9勝、史上5頭目の牝馬三冠馬である。主な勝鞍は2018年の桜花賞、オークス、秋華賞、ジャパンカップ、2019年のドバイターフ、天皇賞・秋、2020年のヴィクトリアマイル、天皇賞・秋、ジャパンカップ。2018年ジャパンカップでは芝2400mの世界レコードとなる「2分20秒6」という驚異的なタイムで優勝。2018年度JRA賞年度代表馬を受賞。2019年3月30日にアラブ首長国連邦で行われたドバイターフを勝利し衝撃の世界デビューを果たした。2020年はコロナウイルスの影響などもあり国内レースに専念。5月17日ヴィクトリアマイル、11月1日天皇賞・秋、11月29日ジャパンカップを制し日本馬史上初の芝G1・9勝という記録を打ち立てた。2020年11月29日のジャパンカップがラストラン・引退レースで有終の美を飾った。

2020年11月29日ジャパンカップで有終の美を飾ったアーモンドアイ 史上初の芝GI・9勝目!(撮影:下野雄規)

2020年11月29日ジャパンカップで有終の美を飾ったアーモンドアイ 史上初の芝GI・9勝目!(撮影:下野雄規)

アーモンドアイ データメニュー

アーモンドアイの軌跡

デビュー前

新馬戦 デビュー(2017.08.06)

初勝利(2017.10.08)

シンザン記念 重賞初制覇(2018.01.08)

桜花賞(2018.04.08)

オークス(2018.05.20)

のんびり夏休み(2018.07.23)

秋華賞 牝馬3冠達成(2018.10.14)

ジャパンカップ(2018.11.25)

JRA賞年度代表馬(2019.01.08)

ドバイターフ(2019.03.30)

安田記念(2019.06.02)

ノーザンファーム天栄で充電中(2019.07.22)

アーモンドアイ帰厩(2019.09.26)

天皇賞・秋(2019.10.27)

有馬記念(2019.12.22)

ヴィクトリアマイル(2020.5.17)

安田記念(2020.6.7)

天皇賞(秋)(2020.11.1)

ジャパンカップ 引退レースで有終の美を飾る(2020.11.29)

引退式(2020.12.19)

プロフィール

アーモンドアイ

ロードカナロア
フサイチパンドラ
母父サンデーサイレンス
馬主シルクレーシング
調教師美浦 国枝栄
生産者ノーザンファーム
馬名の意味美人とされる顔の目の形
生年月日2015年3月10日
産地安平町
セリ取引価格-
主な勝ち鞍18'桜花賞(G1)
18'オークス(G1)
18'秋華賞(G1)
18'ジャパンC(G1)
19'ドバイターフ(G1)
19'天皇賞・秋(G1)
20' ヴィクトリアマイル(G1)
20'天皇賞・秋(G1)
20'ジャパンC(G1)
受賞歴 JRA年度代表馬(2018年)
JRA最優秀3歳牝馬(2018年)