netkeiba.com

【リスグラシューの軌跡】有馬記念で有終V!牝馬史上初の同一年春秋グランプリ制覇

  • 更新日:

リスグラシューは、父ハーツクライ、母リリサイド、その父American Postという血統。主な勝鞍は、2018年エリザベス女王杯、2019年宝塚記念。牝馬による宝塚記念制覇は1966年エイトクラウン、2005年スイープトウショウ、2016年マリアライトに次ぐ史上4頭目の記録。2019年10月26日に行われた豪G1コックスプレートを制覇。2019年12月22日ラストランの有馬記念を圧勝。牝馬による同一年の春秋グランプリ制覇は史上初の快挙。G1・3連勝で有終の美を飾った。2019年度JRA賞年度代表馬、最優秀4歳以上牝馬を受賞。2020年1月19日引退式を行った。

有馬記念を圧勝し有終の美を飾ったリスグラシュー

有馬記念を圧勝し有終の美を飾ったリスグラシュー

リスグラシュー データメニュー

リスグラシューの軌跡

デビュー戦(2016.8.27)

初勝利(2016.9.10)

アルテミスS 重賞初制覇(2016.10.29)

阪神ジュベナイルF(2016.12.11)

桜花賞(2017.4.9)

オークス(2017.5.21)

秋華賞(2017.10.15)

エリザベス女王杯(2017.11.12)

東京新聞杯 重賞2勝目(2018.2.4)

ヴィクトリアマイル(2018.5.13)

安田記念(2018.6.3)

エリザベス女王杯 G1初制覇(2018.11.11)

香港ヴァーズ(2018.12.9)

2018年JRA賞 最優秀4歳以上牝馬

宝塚記念 G1・2勝目(2019.6.23)

コックスプレート 豪G1制覇(2019.10.26)

有馬記念(2019.12.22)

JRA賞 年度代表馬(2020.01.07)

引退式(2020.01.19)

プロフィール

リスグラシュー

ハーツクライ
リリサイド
母父American Post
馬主キャロットファーム
調教師栗東 矢作芳人
生産者ノーザンファーム
馬名の意味優美な百合(仏)。母名より連想
生年月日2014年1月18日
産地安平町
主な勝ち鞍18'エリザベス女王杯(G1)
19'宝塚記念(G1)
19'コックスプレート(G1)
19'有馬記念(G1)
受賞歴JRA最優秀4歳以上牝馬(2018年)
年度代表馬(2019年)
最優秀4歳以上牝馬(2019年)