netkeiba.com

【POG2021-2022】出資馬を差し置いて上位に挙げたのは?“レジェンド”山本昌のオススメ10頭

  • 更新日:

 馬券のみならず、一口馬主としてアルアインやギベオンに出資、そしてPOGにも造詣の深い野球界のレジェンド・山本昌さん。『競馬王のPOG本2020-2021』では日本ダービー馬シャフリヤール、サトノレイナス、ヨーホーレイクを推奨。

『競馬王のPOG本2021-2022』でも感染対策を取って5年連続となる北海道取材へ。北の大地でライター顔負けの取材力を発揮した山本昌さんの指名馬を大公開! 自身の出資馬を差し置いて上位でピックアップした馬とは? きっとこの中にクラシックを賑わせる存在が潜んでいるはずです。詳しい推奨理由や迷いに迷った馬や他の識者の方の最終結論は『競馬王のPOG本2021-2022』でご覧いただけます。

馬券のみならず、一口馬主、そしてPOGにも造詣の深いレジェンド・山本昌さん

競合覚悟で上位指名すべき5頭

コリエンテス(牡)

コリエンテス(牡)
兄姉馬
ディープインパクト
イスパニダ
母父Pure Prize
厩舎堀宣行(美浦)
生産者ノーザンファーム
説明母イスパニダは海外2勝、アルゼンチン1000ギニー(亜G1)を勝利している。

コマンドライン(牡)

コマンドライン(牡)
兄姉馬アルジャンナ
ディープインパクト
コンドコマンド
母父Tiz Wonderful
厩舎国枝栄(美浦)
生産者ノーザンファーム
説明母コンドコマンドはスピナウェイS(米G1)など海外5勝。全兄アルジャンナは東京スポーツ杯2歳S(GIII)、毎日杯(GIII)で2着の戦歴がある。

ショウナンアデイブ(牡)

ショウナンアデイブ(牡)
兄姉馬Cathryn Sophia
ディープインパクト
シーヴ
母父Mineshaft
厩舎
生産者ノーザンファーム
説明2020年セレクトセールにて5億1000万円(税抜)で国本哲秀氏が落札。半姉Cathryn Sophiaはケンタッキーオークス(米G1)など海外で重賞3勝。

フォエヴァーダーリングの2019(牡)

フォエヴァーダーリングの2019(牡)
兄姉馬モンファボリ
ディープインパクト
フォエヴァーダーリング
母父Congrats
厩舎
生産者ノーザンファーム
説明母フォエヴァーダーリングはサンタイネスS(米G2)勝ち馬。祖母の半弟にはGIを3勝したゼンノロブロイがいる。

ディーンズリスター(牡)

ディーンズリスター(牡)
兄姉馬リアルスティール
ディープインパクト
ラヴズオンリーミー
母父Storm Cat
厩舎矢作芳人(栗東)
生産者ノーザンファーム
説明全兄にはドバイターフ(首G1)を制したリアルスティール、全姉にオークス(GI)勝ち馬ラブズオンリーユーなどOPクラスで活躍した兄姉が多くいる血統。

中位以降で単独指名狙いの5頭

シャトンアンジュ(牝)

シャトンアンジュ(牝)
兄姉馬カトゥルスフェリス
ディープインパクト
ステファニーズキトゥン
母父Kitten's Joy
厩舎池添学(栗東)
生産者ノーザンファーム
説明母のステファニーズキトゥンは海外で25戦11勝。BCフィリー&メアターフ、アルシバイアディーズSなどG1を5勝。

リアグラシア(牝)

リアグラシア(牝)
兄姉馬リアアメリア
キングカメハメハ
リアアントニア
母父Rockport Harbor
厩舎木村哲也(美浦)
生産者ノーザンファーム
説明半姉はローズS(GII)、アルテミスS(GIII)を制したリアアメリア。

ラクスバラディー(牝)

ラクスバラディー(牝)
兄姉馬バウンスシャッセ
ドゥラメンテ
リッチダンサー
母父Halling
厩舎清水久詞(栗東)
生産者ノーザンファーム
説明半姉はフラワーC(GIII)を始め重賞3勝したバウンスシャッセ、半兄に京王杯SC(GII)を制したムーンクエイクがいる。

ママコチャ(牝)

兄姉馬ソダシ
クロフネ
ブチコ
母父キングカメハメハ
厩舎池江泰寿(栗東)
生産者ノーザンファーム
説明全姉は桜花賞(GI)、阪神JF(GI)を無敗で制したソダシ。馬主は金子真人ホールディングス。

リーブズオブグラス(牝)

リーブズオブグラス(牝)
兄姉馬ファームフェイス
エピファネイア
リープオブフェイス
母父クロフネ
厩舎寺島良(栗東)
生産者ノーザンファーム
説明母の半弟にマーチS(GIII)、小倉ジャンプS(JGIII)を勝ったソロル、祖母の全兄にはゴールドアリュールがいる。

【netkeiba×競馬王POG特番】山本昌・栗山求・井内利彰らが選ぶ珠玉の6頭!

お知らせ

競馬王のPOG本 2021-2022

競馬王のPOG本 2021-2022

◆好評発売中!

関係者の皆様のご協力により、今年も「顔が見える」をテーマに徹底取材を敢行しました。レジェンド・山本昌さんは5年連続となる北海道取材へ。「毛の馬選定会議」は、Zoomで各地を繋ぎ、中尾さんと津田場長、山本昌さん、グラサン師匠、まいこさんでの大激論。最終候補3頭から、最後は中尾さんの大岡裁きで決まった、第15代「毛の馬」とは? 編集部員が取材に同行しているからこそ伝わる現場の空気感を、是非、お楽しみください!

おすすめトピック

トピックス

注目

  • トップ
  • 競馬まとめ
  • POG
  • 【POG2021-2022】出資馬を差し置いて上位に挙げたのは?“レジェンド”山本昌のオススメ10頭