netkeiba.com

【POG2021-2022】G1レーシング有力馬まとめ

  • 更新日:

2020年デビューではヴィクティファルスがスプリングSを優勝、テンバガーが弥生賞5着と活躍。G1レーシングの2021年デビューの有力馬を紹介。

G1レーシング有力馬一覧

ストライクファイア(牡)

ストライクファイア(牡)
兄姉馬グレアリングアイ
ディープインパクト
ストライキングアイ
母父Smart Strike
厩舎中内田充正(栗東)
生産者社台コーポレーション白老ファーム
説明母のストライキングアイは米G1ラスヴァージネスS勝ち馬。

タイムオブフライト(牡)

タイムオブフライト(牡)
兄姉馬タイムフライヤー
ディープインパクト
タイムトラベリング
母父ブライアンズタイム
厩舎萩原清(美浦)
生産者社台コーポレーション白老ファーム
説明半兄にはホープフルS勝ち馬タイムフライヤーがいる。

パーソナルハイ(牝)

パーソナルハイ(牝)
兄姉馬インワンシティング
ディープインパクト
パーソナルダイアリー
母父City Zip
厩舎矢作芳人(栗東)
生産者追分ファーム
説明母パーソナルダイアリーは米G1デルマーオークス勝ち馬。

パリヘンジ(牡)

パリヘンジ(牡)
兄姉馬フレイミングサン
キングカメハメハ
レッドサン
母父Monsun
厩舎友道康夫(栗東)
生産者追分ファーム
説明母はフランスで1戦未勝利だが、母の全弟は仏G1ムーンランドロンシャン賞勝ち馬Vadamos。

セリフォス(牡)

セリフォス(牡)
兄姉馬フォルテデイマルミ
ダイワメジャー
シーフロント
母父Le Havre
厩舎中内田充正(栗東)
生産者追分ファーム
説明母はフランスで5勝を挙げている。モーリスジルベル賞(L)を制し、仏G1ジャンロマネ賞4着の実績がある。

ブレスク(牡)

ブレスク(牡)
兄姉馬-
ルーラーシップ
パララサルー
母父ディープインパクト
厩舎国枝栄(美浦)
生産者追分ファーム
説明アネモネS(OP)、紫苑S(OP)を制すなど3歳牝馬路線で活躍したパララサルーの初仔。

アニマヴィーヴァ(牡)

アニマヴィーヴァ(牡)
兄姉馬アニマフレスカ
キズナ
アニマトゥール
母父Crocker Road
厩舎高木登(美浦)
生産者追分ファーム
説明母系はGI・2勝し、アドマイヤベガ、アドマイヤドンなどのGIホースの母となったベガ、京都記念を制し種牡馬となったマックロウなどに繋がる血統。

ハーツアズワン(牡)

ハーツアズワン(牡)
兄姉馬スキャッターシード
ハーツクライ
スキャットレディビーダンシング
母父Scat Daddy
厩舎池江泰寿(栗東)
生産者追分ファーム
説明母は北米で2勝。近親には6FのG1を2勝したTen Sovereignsの父であるNo Nay Neverがいる。

ケラウノス(牡)

ケラウノス(牡)
兄姉馬オルトシア
ドゥラメンテ
メーデイア
母父キングヘイロー
厩舎堀宣行(美浦)
生産者追分ファーム
説明母のメーデイアはダートで活躍し19戦10勝、近親はサングレーザーやロフティーエイムなど芝の活躍馬も多数。

ジャドブッファン(牡)

ジャドブッファン(牡)
兄姉馬サンソヴールの2018
エピファネイア
サンソヴール
母父キングカメハメハ
厩舎奥村武(美浦)
生産者ノーザンファーム
説明2代母はサンヴィクトワール、3代母はヴィクトリーバンク、近親にはユニバーサルバンクと芝OPクラス勝ち馬がいる血統。

モネータドーロ(牡)

モネータドーロ(牡)
兄姉馬ゴールデンローズ
ハーツクライ
ペイトンドーロ
母父Medaglia d'Oro
厩舎宗像義忠(美浦)
生産者ノーザンファーム
説明母ペイトンドーロは北米で6勝、米G2のブラックアイドスーザンS(D9F)を制している。

バハルダール(牡)

バハルダール(牡)
兄姉馬
Pioneerof the Nile
ラナモン
母父Sky Mesa
厩舎池江泰寿(栗東)
生産者Shadai Corporation
説明母ラナモンは北米3勝、芝8FのナタルマS(米G2)を制すなど芝路線で活躍。

イモータルフェイム(牝)

イモータルフェイム(牝)
兄姉馬カンナリリー
ロードカナロア
フォーエバーモア
母父ネオユニヴァース
厩舎鹿戸雄一(美浦)
生産者追分ファーム
説明母フォーエバーモアはクイーンC(GIII)優勝、阪神JF(GI)3着、マリーンC(JpnIII)5着と芝ダート問わずマイル〜短距離路線で活躍。

リュミエールノワル(牡)

リュミエールノワル(牡)
兄姉馬ブライテストダーク
ロードカナロア
ビキニスタイル
母父ディープインパクト
厩舎松永幹夫(栗東)
生産者社台コーポレーション白老ファーム
説明近親にタガノエスプレッソ(デイリー杯2歳S-GII)、タガノトネール(武蔵野S-GIII)、タガノディアマンテ(ステイヤーズS・2着-GII)などがいる。