netkeiba.com

記憶と記録に残る名牝・ウオッカの軌跡

  • 更新日:

新元号「令和」が発表され、平成の終わりまで残りわずかとなった2019年4月1日。平成の競馬を彩った名牝が、イギリスの地で15年の生涯を閉じました。
64年ぶりに牝馬として日本ダービーを制し、引退までにG1を7つ勝利するなど大活躍、競馬ファンの心を魅了した名牝・ウオッカ。
同世代のライバル、ダイワスカーレットとの熱戦やヴィクトリアマイルの大圧勝など、今でも人々の心に刻み込まれているその蹄跡をまとめました。

GI・7勝を挙げた名牝ウオッカ

GI・7勝を挙げた名牝ウオッカ

ウオッカ データメニュー

ウオッカの軌跡

デビュー戦(2006.10.29)

阪神JF(2006.12.03)

桜花賞(2007.04.08)

日本ダービー(2007.5.27)

宝塚記念(2007.06.24)

凱旋門賞を断念(2007.08.07)

秋華賞(2007.10.14)

エリザベス女王杯 出走取消(2007.11.11)

ジャパンC(2007.11.25)

ドバイデューティーF(2008.03.29)

安田記念(2008.06.08)

天皇賞(秋)(2008.11.02)

年度代表馬(2009.01.06)

ドバイデューティーF(2009.03.28)

ヴィクトリアマイル(2009.05.17)

安田記念(2009.06.07)

ジャパンC(2009.11.29)

2年連続 年度代表馬(2010.01.06)

ウオッカ 引退(2010.03.07)

史上29頭目の顕彰馬に(2011.05.09)

名牝ウオッカ死亡(2019.04.01)

プロフィール

ウオッカ

タニノギムレット
タニノシスター
母父ルション
馬主谷水雄三
調教師栗東 角居勝彦
生産者カントリー牧場
生年月日2004年4月4日
産地静内町
中央獲得賞金13億487万円
主な勝ち鞍06'阪神JF(G1)
07'東京優駿(G1)
08'09'安田記念(G1)
08'天皇賞(秋)(G1)
09'ヴィクトリアマイル(G1)
09'ジャパンC(G1)
受賞歴 JRA顕彰馬選出(2011年)
JRA賞年度代表馬(2009年・2008年)
JRA賞最優秀4歳以上牝馬(2009年・2008年)
JRA賞特別賞(2007年)
JRA賞最優秀2歳牝馬(2006年)