netkeiba.com

【札幌記念2019予想】井内利彰が注目馬5頭を診断!調教から好調馬を見抜く!

  • 更新日:

 2019/08/18(日)に札幌競馬場で行われる札幌記念(G2)に出走するフィエールマン、ワグネリアン、ブラストワンピース、サングレーザー、ペルシアンナイト、有力馬5頭をウマい馬券人気No.1の予想家・井内利彰が各馬の調教適性を診断!札幌記念好走に最適な調教を熟知!人気を問わず最も理想的な調教の馬を推奨します。

2019年8月18日に行われる札幌記念の競馬予想はお任せ!

2019年8月18日に行われる札幌記念の競馬予想はお任せ!

フィエールマン

フィエールマン

 菊花賞を休み明けで勝ったくらいなので、久しぶりは問題なし。当時とほぼ同じような調教開始時期で函館Wの追い切りを重ねている。7月31日には函館Wで速い5F時計をマークし、併せ馬も先着。天皇賞春の2週前でも併せ馬には先着していた。

ワグネリアン

ワグネリアン

 夏場の休み明けという点では神戸新聞杯に似た状況だが、当時はレースの1ヶ月前から栗東坂路とCWで時計を出していた。今回はそれよりも早い時期から調教を開始し、追い切り本数は当時よりも多い。2週前追いになる7月31日のCWも素晴らしい動きだった。

ブラストワンピース

ブラストワンピース

 2ヶ月ぶりの目黒記念は追い切り本数が3本での凡走。8キロ馬体重が増えていたあたり、調教量と馬体重がカギになるかもしれない。今回は追い切り本数を前走よりはこなせそう。1週前追いになる8月7日の函館Wでの時計も速く、ここまでは順調といった感じ。

サングレーザー

サングレーザー

 安田記念から札幌記念のローテは昨年勝った時と同じパターン。それだけに、当時の調教内容と今回の比較が好走凡走の判断には一番といえる。1週前追いは昨年と同じく札幌芝で速い時計を出すことはできたが、単走だった点がどうか。

ペルシアンナイト

ペルシアンナイト

 札幌競馬場での滞在で、追い切りはダート馬場。栗東でダート追い切りはこれまでにあまり見られず、ほぼ初めてといってもよい調整内容。それだけに好走時との比較というわけにはいかないが、近走不振を思えば、これが刺激になる可能性もある。

おすすめの予想家