netkeiba.com

大井競馬予想でオススメする予想家5選!ウマい馬券が誇るプロ予想家にお任せ!

  • 更新日:

大井競馬予想でおすすめのプロ予想家5名をご紹介!第10回大井競馬は2019年9月16日から9月20日開催!南関のカリスマ場立ち 田倉の予想、競馬予想AI 的中型人工知能、実力派予想屋 グットニュース、南関東場立ち予想士 半ちゃん倶楽部、南関競馬のレジェンド 吉冨隆安、厳選した競馬予想家陣が、回収率を追求します。

第10回大井競馬は2019年9月20日まで開催(写真は3連覇を狙うキタサンミカヅキ、撮影:武田明彦)

第10回大井競馬は2019年9月20日まで開催(写真は3連覇を狙うキタサンミカヅキ、撮影:武田明彦)

【田倉の予想】南関のカリスマ場立ち予想士

名門『佐々木の予想』へ弟子入りし、研鑽を重ね『田倉の予想』として独立。

木に例えるなら、馬の力を「幹」とし、重視すべきファクター「枝・葉」を付ける。

この1本の「木」達がどの様な流れの中でレースを行うのか、「レースイメージ」をゴールシーンより逆算・想像し、予想を組み立てます。

【的中型人工知能】的中率重視のローリスク競馬AI

株式会社AlphaImpactが開発した的中型人工知能は過去の膨大なレース結果から絶対的な本命にふさわしい『強い馬』を探し出すことに特化した人工知能。

ローリスクで勝てる堅実な馬券の買い方を提供する。最新の人工知能テクノロジーが最強の"本命党"予想家を目指す!

【グットニュース】名門の屋号を背負う実力派予想屋

大井競馬場・川崎競馬場内で営業する競馬予想士。

屋号「グットニュース」の生みの親、高瀬五郎の娘婿で、24歳から弟子入り、競馬のノウハウを一から学び11年間修業のすえ独立し「グットニュース」を引き継ぐ。一時休業するも熱心な少数精鋭(笑)のお客様に支えられて復帰。皆様にとって居心地の良い“隠れ家的な予想屋”を目指してます。

一番人気以外の中心馬を見つけ、相手6頭前後の3連単マルチで購入するのが勝負スタイル。

予想と馬券の違いについてはご説明いたしますので、ぜひ大井、川崎競馬場へお越しください。

【半ちゃん倶楽部】回収率重視の南関東場立ち予想士

昭和62年より予想士に、平成7年より「半ちゃん倶楽部」主宰。

ハイセイコーの雄姿に魅了され地方競馬ファンに。

予想スタイルは持ちタイム指数化を柱に前走のレース内容、展開、騎手、調教実績等、総合的に判断し順位付けし中心場を選出している。予想は本命・穴を問わず提供している。

競馬に捧げること半世紀!持ちタイムを指数化して比較!

【吉冨隆安】南関競馬のレジェンド場立ち

1947年鹿児島県生まれ。大井競馬場公認予想「ゲート・イン」主宰。大阪市立大学法学部中退後、様々な職業を経て大阪で起業するも、数年後に上京。一時期、学習塾講師と競馬予想屋を両立させていたこともある。平成元年から「ゲート・イン」の屋号で、大井競馬場で場立ち予想を行なっている。常に「競馬が市民の投資対象たる金融商品なら、僕の予想は商品説明である」のもと、確固たる軸馬を1頭決める「実走着差」理論で、競馬との孤独な戦いを続ける。

「俺も頑張って後10年。予想士としての集大成をお見せしたい」

※レースの提供は当日朝11時頃を予定しております
※2歳重賞に関しましては一部重賞は配信いたしません(指数算出不可のため)

アンケート募集中!

おすすめトピック

トピックス

注目

G1まとめ