netkeiba.com

【仏・ガネー賞】凱旋門賞に繋がる一戦、マレオーストラリスがG1初戴冠/海外競馬レース結果

  •  現地時間2日、フランスのパリロンシャン競馬場でG1・ガネー賞(4歳上・芝2100m)が行われた。  7頭立てながら全馬がほぼ1列となる縦長の展開。これを先導した3番人気マレオーストラリス(牡4、P.ブドー騎手)が最後まで粘り込み、中団から脚を伸ばした4番人気ゴールドトリップ(牡4、S.パスキエ騎手)に1.3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分11秒62(稍重)。  昨年の香港ヴァーズ覇者で1番人気のモーグル(牡4、C.スミヨン騎手)は、ゴールドトリップから1.3/4馬身差の3着だった。  マレオーストラリス(Mare Australis)は父Australia(その父Galileo)、母Miramare、母の父Rainbow Questという血統。フランスのA.ファーブル厩舎の管理馬。

あなたにおすすめ

新着ニュース

もっと見る

注目

コンテンツ