netkeiba.com

【海外競馬】不適切画像を巡り調教師が疑惑を認め謝罪 調査の間、英国での出走停止に

  •  英国競馬統括機構(BHA)は1日、アイルランドのゴードン・エリオット調教師に対して、先週末からSNS上で騒動となっている師の写真についてアイルランド競馬規則委員会(IHRB)が調査している間、独自の権限によりイギリスでの出走を禁止すると発表した。  問題の写真は、調教中に死亡したと思われる横たわった馬にエリオット師が座り、電話をしながらVサインをしているもの。師は写真が本物であると認め、謝罪した。BHAは、オーナーが師の管理馬を転厩させて英国内で出走することは可能としている。  エリオット師はアイルランド障害界を代表するトレーナーであり、グランドナショナルを連覇したタイガーロールなどを管理している。

あなたにおすすめ

新着ニュース

もっと見る

コンテンツ