netkeiba.com

【富士S 枠順データ分析】上位人気馬は枠順不問、極端な枠順の穴狙いは禁物か

  • 【富士S 枠順データ分析】上位人気馬は枠順不問、極端な枠順の穴狙いは禁物か

     24日に東京競馬場で行われる富士ステークス(3歳上・GII・芝1600m)について枠順・馬番別に検証していく。なお、昨年まではGIIIとして施行されていた。  過去10年、馬番別では最多となる4回の馬券絡みが11番。3回で3番、9番、14番が続き、2回が2番、4番、8番、13番、16番となっている。  参考までに枠順による成績を比較すると下記の通り。 1枠 0-0-1-16 複勝率5.9% 複勝回収率14% 2枠 1-1-1-16 複勝率15.8% 複勝回収率125% 3枠 1-0-2-16 複勝率15.8% 複勝回収率92% 4枠 2-3-0-14 複勝率26.3% 複勝回収率87% 5枠 2-2-0-15 複勝率21.1% 複勝回収率52% 6枠 0-2-2-16 複勝率20.0% 複勝回収率86% 7枠 1-1-4-17 

あなたにおすすめ

新着ニュース

もっと見る

コンテンツ