netkeiba.com

【菊花賞】美浦レポート ビターエンダー(相沢調教師)

  •  25日(日)に京都競馬場で行われる菊花賞に出走を予定しているビターエンダー(牡3歳、美浦・相沢郁厩舎)について相沢郁調教師のコメントは以下の通り。 「前走の神戸新聞杯を使って、仕上がりは今回の方がいいです。動きが軽く、スムーズに動いています。歩様が硬い馬ですが、硬さが取れて状態は良く、馬の形が良くなっています。  距離は父がオルフェーヴルなので3000メートルでも大丈夫です。右回りのコースではたまたま結果が出ていませんが、距離が長いので騎手が落ち着いて乗ってくれたらいいと思っています。レースではあまり前に行かず、しっかりと脚をためて直線勝負してもらいたいです」 (取材:小林雅巳)

あなたにおすすめ

新着ニュース

もっと見る

コンテンツ