netkeiba.com

【京都大賞典】現実味を帯びてくるキセキ復活V「宝塚記念の走りがいいきっかけになれば」/トレセン発秘話

  • 【京都大賞典】現実味を帯びてくるキセキ復活V「宝塚記念の走りがいいきっかけになれば」/トレセン発秘話

     芝の状態を示す新たな指標として、JRAは先月11日から「クッション値」を公表している。クッション値の数値が高ければ馬場が硬く、逆に低ければ軟らかいことを示す。4回中山開催を例に取ると、クッション値はおおむね9?10台と標準からやや硬めで推移。そういう馬場なら時計も出そうなものだが、実際は「今の中山は例年以上に時計がかかる」との声が多かったのはなぜなのか? 「時計がかかるといっても、その理由はひとつじゃないからな」とは先週のスプリンターズSにモズスーパーフレアを出走させた音無調教師だ。 「馬場が硬いのに、時計がかかるということは、芝丈の長さが関係しているんじゃないかな。雨の影響を受けた今年の高松宮記念と

あなたにおすすめ

新着ニュース

もっと見る

注目

コンテンツ