netkeiba.com

早見和真氏の競馬小説『ザ・ロイヤルファミリー』が山本周五郎賞を受賞 馬事文化賞に続く快挙

  • 早見和真氏の競馬小説『ザ・ロイヤルファミリー』が山本周五郎賞を受賞 馬事文化賞に続く快挙

     昨年10月30日に新潮社から上梓された競馬小説『ザ・ロイヤルファミリー』が、「すぐれて物語性を有する新しい文芸作品一篇に授賞する」文学賞である山本周五郎賞を17日、受賞した。2019年JRA賞馬事文化賞に続く快挙となった。  作者の早見和真氏は、競馬ファン歴約30年。2008年に小説家としてデビューし、デビュー作の『ひゃくはち』がいきなり映画化。2014年に上梓された『イノセント・デイズ』では第68回日本推理作家協会賞(長編及び連作短編集部門)を受賞している。

あなたにおすすめ

新着ニュース

もっと見る

注目

コンテンツ