netkeiba.com

【ユニコーンS予想】ワイドファラオと互角以上のGI級

  • 渋い粘り強さが逆にダートで強みとなる  ドバイ帰りの馬、オープン初挑戦馬、ダートの実戦経験なしの馬もいて、例年以上に比較の難しい3歳初のダート重賞。過去26回のユニコーンSで、初ダートを克服して3着以内に快走したのは、2004年2着のダイワバンディット、2008年3着のアポロドルチェ、2019年1着のワイドファラオ。たった3頭しかいない。  ダート初挑戦のインダストリアに期待するが、厳しい挑戦が予測される。ただ、好走した3頭には共通点がある。直前、GIのNHKマイルC1600mに挑戦していたことだった。勝ったワイドファラオは1分32秒8で芝のマイルGIを0秒4差。なおかつ、ニュージーランドT1600mの勝ち馬でもあり、マイルのGI級でダートを

netkeibaNo.1競馬アプリ 無料ダウンロード
netkeibaアプリ(無料)今すぐダウンロード

あなたにおすすめ

新着コラム

もっと見る

注目

コンテンツ