netkeiba.com

【藤沢和雄調教師へ…】鹿戸雄一調教師「先生からの教えを胸に、馬の気持ちを大事に」

  • 【藤沢和雄調教師へ…】鹿戸雄一調教師「先生からの教えを胸に、馬の気持ちを大事に」

    2022年2月末をもって惜しまれつつも定年を迎える、名伯楽・藤沢和雄調教師の「引退特集」。藤沢調教師と縁の深い競馬関係者たちに、藤沢調教師との様々なエピソードを明かしていただきます。 今回は、昨年の年度代表馬・エフフォーリアなどを管理する鹿戸雄一調教師です。2007年に調教師免許を取得し、騎手を引退。藤沢調教師のもとで技術調教師として学んだのち、2008年に厩舎を開業しました。いまの鹿戸厩舎の基盤ともなっている「藤沢調教師から教わったこと」についてお話しいただきました。 (取材・文=佐々木祥恵) 藤沢師と鹿戸師の「出会い」 「初めて出会ったのは、僕が騎手見習いになった頃だったと記憶しています」  当時藤沢は、

netkeibaNo.1競馬アプリ 無料ダウンロード
netkeibaアプリ(無料)今すぐダウンロード

あなたにおすすめ

新着コラム

もっと見る

注目

コンテンツ