netkeiba.com

【四位洋文調教師(2)】「馬のために、真似っこしてほしいくらい!」ウオッカでも使ったこだわりのハミ

  • 【四位洋文調教師(2)】「馬のために、真似っこしてほしいくらい!」ウオッカでも使ったこだわりのハミ

    ダービー連覇を果たした名手であり、卓越した騎乗技術で多くのホースマンのリスペクトを集めてきた四位洋文騎手が引退して、早1年以上が経ちました。今の肩書は新人の“調教師”。今年の3月に開業し、騎乗する後輩騎手たちに程よい緊張感を与えながら(笑)、順調に勝ち星を重ねています。 馬から降りた名手の“競馬”へのこだわりは、新たな形で「馬作り」「人作り」「厩舎作り」に着々と活かされています。四位調教師がどんな“我が城”を築いているのか知りたい! 企業秘密であるのは重々承知の上、netkeibaでは1か月にわたる“四位厩舎特集”として、その秘密に迫ります。 ※取材=不破由妃子(四位調教師)大恵陽子(今泉氏、村瀬氏)、構成=

netkeibaNo.1競馬アプリ 無料ダウンロード
netkeibaアプリ(無料)今すぐダウンロード

あなたにおすすめ

新着コラム

もっと見る

注目

コンテンツ