netkeiba.com

アユツリオヤジとレイパパレ

  •  桜花賞と同じ4月11日、中山芝1200mで行われる春雷ステークスに、アユツリオヤジ(牡7歳、父サウスヴィグラス、栗東・村山明厩舎)が登録している。  ユニークな馬名で知られるこの馬は、昨年7月11日のテレビユー福島賞を5馬身差で逃げ切り、オープン馬となった。デビュー5年目、36戦目にして初めての芝のレースで圧勝したのだから、恐れ入る。16頭中12番人気で、単勝は47.2倍もついた。 「アユツリオヤジ、止まりません」というゴール前での実況を覚えている人は多いのではないか。  アユツリオヤジを生産したのは、浦河の鮫川啓一氏(鮫川啓一牧場)である。  今年種牡馬となったブルドッグボス、府中牝馬ステークスなどを勝ったオースミハ

あなたにおすすめ

新着コラム

もっと見る

コンテンツ