netkeiba.com

アブクマポーロの思い出・前編

  • アブクマポーロの思い出・前編

    “交流元年”に現れた最強馬  アブクマポーロが2月21日、繋養先の吉田牧場で死んだことが発表された。残念ではあるが、もう29歳になっていたのか、ということに驚いた。  アブクマポーロが3歳でデビューした1995年は、“交流元年”と言われた年。じつはぼくがある競馬雑誌に文章を書くようになって、競馬ライターのようなことを始めたのもその年だった。  それまでほとんどなかった中央・地方の交流レースが一気に増えたことにはワクワクしたが、勝つのは中央馬ばかり。その中でも、ライブリマウントが、続いてホクトベガが、ダート交流重賞で快進撃を続けた。97年、ホクトベガは残念ながらドバイワールドCのレース中の事故で非業の死を遂げ

あなたにおすすめ

新着コラム

もっと見る

コンテンツ