netkeiba.com

【福島牝馬ステークス】中山牝馬Sと強烈にリンクするレース

  • 【福島牝馬ステークス】中山牝馬Sと強烈にリンクするレース

    別路線組の伏兵を上手に絡めたい  第1回のこの重賞を勝ったのは、中山牝馬Sの勝ち馬オースミコスモだった。距離は同じ1800m。コース形態もそう変わらない同じ右回り。直線の長さ約300mも同程度。  福島牝馬Sは、3月の中山牝馬Sと強烈に結びついている。過去10年のうち8回まで、中山牝馬S出走馬が「1着、2着独占」のパターンを繰り返している。ただし、「ハンデ戦→別定戦」に変化するので、さすがに同じ組み合わせはない。  それ以外の2回は、1-3着馬がみんな別路線で、3連単599,360円、735,970円という非常に難しい結果。今年も有力馬は中山牝馬S組で、別路線組は伏兵が多い。うまく両者をアレンジしたい。  ベテラン7歳のデンコウアンジ

あなたにおすすめ

新着コラム

もっと見る

コンテンツ