netkeiba.com

外部サイトへ移動します

これより、netkeiba.comを離れ、外部のWebサイトに移動します。

下記のURLを必ずご確認いただき、ご自身のご判断でお進みください。

ミナリク騎手、記憶が戻るも騎手復帰はほぼ不可能(ドイツ)[その他]  ドイツのリーディングジョッキーに4回輝いたフィリップ・ミナリク騎手(45歳)は、7月の落馬事故から4ヵ月間昏睡状態に陥り、その大きくて暗い穴のような状況を乗り越えるのに、友人や家族からの激励と支援がどれほど支えになったかを語った。  ミナリク騎手はマンハイム競馬場での落馬事故により、頭部外傷を負い、脚・足首を骨折し、入院生活を送っていたが11月初めに帰宅した。同騎手のために立ち上げられた募金サイト「ゴーファンドミー(Gofundme)」のページは、フランキー・デットーリ騎手のツイッターでの呼び掛けもあり、約12万ユーロ(約1,500万円)を集めた。  チェコ出身のミナリク騎手は、昨年のシャーガーカップ(アスコット)で欧州チームのキャプテンを務め、初騎乗を勝利で飾ったことで競馬ファンを驚かせた。  G1優勝ジョッキーはこう語った。「目が覚めてから、とにかく家族が待つ我が家に帰りたいと思いました。過去4ヵ月間のわずか4週間しか思い出せません。それ以前は大きな暗い穴のようです。これまで時々ひどい落馬事故に遭いましたが、奇跡的に無傷ですみました。しかし今回は、いたって通常の落馬事故に遭ってしまいました」。  「医師は記憶は戻ってくるが1年かかるかもしれないと言います。彼らを100%信じています。これが普通のことだと言われれば、それを信じるまでです」。  「車椅子でどのように生活しているかについて聞くために、元騎手のフレディ・ティリキ(Freddie Tylicki)氏、クリスチャン・ツァヘ(Christian Zschache)氏、ぺーター・ウーグル(Peter Heugl)氏に電話しました。これから車椅子生活になるかもしれないと心配でしたが、彼らは https://www.jairs.jp/contents/newsprot/2020/45/4.html

戻る